FC2ブログ

昼夜逆転裁判

  とあるかいちょの少女追跡のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > この物語はフィクションとは限らない。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この物語はフィクションとは限らない。

2009 - 01/31 [Sat] - 19:56

ふぅ。
もう2月か・・・
2月の4,6と私立の入試ですよ。
めんどいなぁ。
どうせ俺が行くのは公立なんだ。
あぁ、そうそう。
久々にいとこのところに行ったんだ。
で、3人とも女の子なんだ。
一人は年上、もう一人は同い年、もう一人は年下。
で、行ったんだけど
お「あ、かいちょくん、いらっしゃーい。」
上「おう。来たか。」
下「にーさんいらっしゃーい。」
俺「うん、おじゃましまーす。」
俺「あ、下、背伸びた?」
下「あたりまえだろ。やっぱバカなにーさんだ。本物か。」
俺「・・・」
上「とりあえずすわれよー。」
俺「あ、うん、わかった。」
上「お前、好きな子できた?」
俺「はぁ?急に何?」
上「うん?その顔はできたのかwww」
俺「いや・・・その・・・・」
上「ごまかさなくてもいいぞwwwお前はすぐに顔に出るからなwww」
俺「く・・・」
上「やべぇwww昔みたいにいじめたくなるwww」
俺「姉さんwww勘弁www」
お「お姉ちゃん。あんまりいじめたらだめだよ?」
上「同い年って、昔かいちょのファーストキス奪ったよな。」
お「・・・・!!」
俺「・・・・!!」
上「ブフッwww」
俺「む・・・昔は昔だから・・・・今は関係・・・ないんじゃないか?」
お「そ・・・そうよおねえちゃん!!」
上「お前ら、アレをどうする?」
俺「すまん姉さん。」
お「ごめんねお姉ちゃん。」
上「やっぱ面白いwww」
俺「真性のSだな。」
上「褒め言葉として受け取っておくよwww」
下「にーさんあそぼー。」
俺「おう、なにする?」
下「恋人ごっこ」
俺「なんだそれ」
下「にーさん彼氏、あたし彼女役。」
俺「ふぅん、男らしさだったら姉さんのほうがいいんじゃ?」
下「あー、でも女だから。」
俺「まぁ、やるか。」
始まるわけだ。
下「ねぇ、かいちょ?」
俺「ん?なに?」
下「今夜が楽しみだね」
俺「姉さん何教えた?」
上「それはそれはめっそうもない。」
俺「く・・・!」
下「さぁ。つづきつづき。」
俺「・・・・」
夜。
下「・・・・」
俺「・・・・」
するする・・・
俺「!!!」
下「さぁ。兄さん。楽しもうね。」
俺「ば・・・・やめろ・・・やめろろろろrr」


アーッ!!!!












































と言う夢を見たんだ。
言っとくけど、ファーストキスの件は本当らしい。
親が言ってた。
あと、年上は男。
年下からなめられてるのはほんと。
フヒヒwwwサーセンwwww


スポンサーサイト

途中からなんかおかしいなーと思いましたw

恵まれてるような恵まれてないような夢ですねwww

まぁ男としては・・・ww

夢を見た?夢見ているの間違いだろ?

最近夢を見ない・・・
最近何故か見たいと思うw

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ptakaityou21.blog65.fc2.com/tb.php/28-773a4af7

 | HOME | 

プロフィール

かいちょ

Author:かいちょ
かいちょです。
よろしくお願いします。
あんまり更新しないんであれなんですけど、気軽に米していってください。

ptakaityou∀hotmail.co.jp
連絡取れます。
∀を@に変えてください。

TAMAGO

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。